アトリエ穂音(冷泉荘)

川端の冷泉荘にあるアトリエ穂音に行って来た。

以前篠栗の喫茶陶花に行った時、たまたまそこで個展をされていて、
その時は『桃の音』というタイトルでハガキサイズの絵画が白い壁に
ずらっと飾ってあったのが、とても可愛らしく素晴らしかった!

やっとアトリエに行く事が出来て、
オーナーの水音さんといろいろ話す事が出来た。
ここは日本画家の水音さんと、
書家の美穂さんというお二方の共有アトリエで
道具と制作過程を公開していて、
さらに月1回書と絵のワークショップを催されている。
店名は両人の下の名前を合わせて『穂音(horn)』。
耳から入ってくる響きも良くてお見事!

水音さんから、冷泉荘の事や福岡のギャラリーの現況など多くの事を教えてもらった。
話をしていて、この方は芯の通った素晴らしい人だという事が感じられた。
来月は風鈴に、再来月は扇子に書と絵画のワークショップがあるので
是非参加してみようと思う。

冷泉荘は3年限定の建物で、5月で1周年を迎えた。
あと2年しかこの空間は存在しない訳で
1日1日が大切な時間なんだろうな、
という思いでこの部屋を後にした。
d0109726_12242164.jpg

[PR]
by momo-an | 2007-05-24 22:59 | カルチャー | Comments(0)
<< きものあとりえ『ちさや』(冷泉荘) ニューヨーク在住の >>