<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『田代悠ピアノリサイタル』

【日時】8月11日(木)16:00開演(15:30開場)

【出演】田代悠(ウィーン在住)

【料金】¥1,500

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
田代悠プロフィール
(文責、父。2016年8月8日)
1997年8月6日、ウィーンに生まれる。予定では、父親と同じ天秤座となるはずであった。
2004年夏の帰国時に、父親の直方の実家にあったヤマハの何十年も調律していないアップライトピアノと出会い、それがきっかけで自ら習いたいと言い出す。
幼少時より絵を描くことが好きだった(母親の膝に乗って色鉛筆を一緒になぞっていた)ので、両親は半信半疑ながら八方調べ、なんのことはない、ウィーン市立のSingschule(歌唱学校、出張授業)のクラスが、前年より通い始めた地元の小学校にもあることがわかり、週一で副科(本科は合唱)としての手ほどきを受けるようになる。
母親の手ほどきもこの段階では目覚ましい効果があり、それより10か月後、歌が専門のサビーナ先生が、私にはもう教えられない、と(2005年6月の最初で最後の年一回の発表会で、悠がドヴォルジャークの「ラルゴ」(遠き山に日は落ちて・・・))簡易版を弾いた時、聴衆の一人であった、ひとりのおばあちゃんの、「Die Welt wird ihn hören(世界が彼を聴くことになるだろう)」というつぶやきも、両親を強く後押ししたのは事実である。この辺は親バカ丸出しであった)、同じくウィーン市立のMusikschuleにおけるピアノ本科クラスに移ることを強く薦められ、2005年9月、ウィーン17区(MS17)のアンナ・ツェドゥニチェク先生に入門。アンナ先生の勧めで(バロック音楽と親しむために)ほぼ同時に同校のチェンバロ科クラスにも在籍(スザンネ・プムヘースル先生に師事、現在に至る)。
翌2006年よりMusikschule 特待生となり(実技試験前提)、レッスン時間が二倍の週100分としていただいた。
以来、2010年6月にアンナ先生の勧め(実質、絶縁宣言でしたね( ´∀` ))でMusikschuleピアノ科を離れるまでの5年間、最低でも週3回のレッスンに附いていくことが両親のルーティーンとなる(実のところ、両親はドア越しに聞こえてくるピアノの音を楽しんでいたが)。
2010年7月、新しい先生探しの第一歩として、ザルツブルグ・モーツァルテウム音大の夏季マスターコースを受講。そこで、現在師事している小川牧子先生と(父親が)出会う。プライベートでいらっしゃいますか?ということで、同年9月より月2回のミュンヘン通いが始まる。弟子にしてもらえるかどうかの「試験」として出されたのが、モーツァルトのピアノソナタKV545(ソナタ・ファチレ)の全3楽章暗譜演奏であった。15歳になるまでは国際列車は一人で乗ってはいけないので、今度は両親の随行はミュンヘン往復となった。
この間、国民学校(小学校1~4年)に続き、アンナ先生の勧めでウィーン国立音楽ギムナジウムに在籍(2007年9月~2016年6月)、Matura (EU内で通用する大学入学資格試験)を無事終え、現在、音大入試実技・理論の準備中。
(受賞歴)
2008年2月 オーストリア青少年音楽コンクール「プリマ・ラ・ムズィカ(PLM)」ウィーン市大会で金賞、同年5月インスブルック全国大会での金賞(ピアノソロ部門)はMS17開校以来の快挙であった。
2010年2月 同じくウィーン市大会で金賞、フェルドキルヒでの全国大会では銅賞。規定演奏時間の半分以上が現代曲(MS17で当時教鞭をとっていたルドルフ・ヒンタードルファー先生作曲)という、前代未聞の選曲が審査員の逆鱗に触れたと両親は解釈している。
2012年2月 前年より結成されていたバロックアンサンブル「トリオ・ボンポルテ」のチェンバロ奏者として、PLMウィーン市大会で金賞。5月の全国大会は、同分野での演奏グループ数未達という不思議な理由で取りやめとなった。
(コンサート歴)
2011年ならびに2012年8月大阪(ホテルプラザオーサカ)、2013年1月、2015年6月ウィーン、2013年2月独ニーダーバイエルン州都ランズフットMusikschule、2014年、2015年、2016年2月独ビーレフェルト。もも庵では4回目の演奏となる。
d0109726_23502070.jpg

[PR]
by momo-an | 2016-08-08 23:51 | コンサート案内 | Comments(0)

8月のコンサート情報♪

8月のコンサート情報です♪

◎8月7日(日)『Summer Live
~ピアノとチェロとヴァイオリン~ 』
出演:龍野マリエ(ヴァイオリン)龍野しずく(チェロ)
藤本史子(ピアノ)
開演:17:00(開場16:30)
料金:¥2,000(要1ドリンク)

◎8月9日(火)『ピアノ三重奏の響き~ 』
出演:緒方愛子(ヴァイオリン)
宮田浩久(チェロ)
古賀美代子(ピアノ)
開演:19:00(開場18:30)
料金:¥2,000(当日2,500)

◎8月10日(水)『Contrabass・Ensemble〜Friends~2016 』
出演:時津りか、谷口正美、岩田真人、井上貴裕、武冨祐子、伊藤珠里、藤原沙樹
1)こどもと楽しむ音楽会
開演:11:00(開場10:30)
料金:こども無料/大人¥500(要予約)
2)ティータイムコンサート
開演:14:00(開場13:30)
料金:前売り¥2,000/当日¥2,500(1ドリンク付)
3)星のコンサート
開演:19:00(開場18:30)
料金:前売り¥2,000/当日¥2,500(1ドリンク付)

◎8月11日(木)『田代悠ピアノソロコンサート 』
出演:田代悠(ピアノ)
開演:16:00(開場15:30)
料金:¥1,500

◎8月21日(日)『ドイツからの音楽の手紙~コンサート&体験ワークショップ~』
出演:マルコ・ビンデリ、レナ・ズトア-ヴェルニッヒ、宇佐美陽一、としくらえみ
開演:19:00(開場18:30)
料金:¥2,500(当日3,000)
d0109726_1914051.jpg

d0109726_1915919.jpg

◎8月27日(土)『GUITAR SOLO×2&DUO 』
出演:柳武史雄(7-STRING JAZZ GUITAR)
松下隆二(CLASSIC GUITAR)
開演:20:00(開場19:30)
料金:前売り¥2,500/当日¥3,000(要1ドリンク)
[PR]
by momo-an | 2016-08-06 21:15 | コンサート案内 | Comments(0)